曲を叩くなら絶対に必要になる、「アップダウン奏法」とは?? その秘密と練習方法!!!

 

 

こんにちは!たかです 

 

 

 

今回は、ドラマーなら

避けては通れない奏法、

アップダウン奏法

についてお教えしたいとおもいます。

 

 

初心者なら誰もがぶつかる

“速い曲が叩けない”

という壁。

 

 

今日はそんな誰もがぶつかる

悩みを解決していきたいと思います!

 

 

速い曲を叩く時に

腕を毎回振り下ろして刻んでも

力が持つはずありません

 

 

それどころか、

右手を痛めてしまう

そんな可能性だってあります!

 

 

ドラマーとして

手を痛めるということは

絶対にあってはならないことです。

 

 

一回痛めると、

間違ったフォームになり痛みが再発する

そんな悪循環だって有り得ます。

 

 

しかし、

「アップダウン奏法」を知っていれば

 

 

・今まで出来なかった速い曲が叩ける

・手を傷めずに演奏できる

・疲れることなく演奏できる

 

 

などなど

他にもいいことが沢山あります!!

 

 

逆に、この奏法を知らなければ

簡単な曲すら叩けない

そんな事だって大いにありえます。

 

 

 

でも、基礎を習得する前でも大丈夫です!

だってこの奏法は

ドラマーには必須なのですから!

 

 

そうとわかればすぐに実践!

やり方を教えていきます!

 

 

 

①いつもの感じででH.Hの端を叩く。

②右腕を上げる時にもう一度叩く。

 

 

たったこれだけです!

 

 

ただ、少しわかりにくいと思うので

もう少し具体的に解説します。

 

 

①いつもの感じででH.Hの端を叩く

 

 

いつものように自然に

右腕を振り下ろして

H.Hを叩いてみてください。

 

 

その時手首は上の方向に

曲がっていると思います。

(手のひらが下を向いてる状態)

ここはキープ。

 

 

1打目は普通で大丈夫です。

ポイントは2打目!

 

 

②右腕を上げる時にもう一度叩く。

 

 

これは

1打目とは逆で、

 

 

右腕を振り上げる時に

手首を下に曲げるのです!

するとH,Hを叩くことができるはずです!

 

 

まとめると、

①通常通り腕を振り下ろす

②腕を上げる時に手首を下に曲げる

 

 

これを繰り返します!

それが「アップダウン奏法

と、なります!!

 

 

これを力を抜いて

できるようになると

右手を傷めることはほぼないです!

 

 

腕を振り下ろして、上げる

その動作の中で二回打てることで

速い曲が叩けるようになります!

 

 

最初は慣れないので

少し違和感はあると思いますが

 

 

焦らず、ちゃんと練習すれば

必ず習得できるので

ぜひ実践してみてください!

 

 

プロ、アマ問わず

速い曲を叩くならば

ほとんどこの奏法が使われている

 

 

全てのドラマーが

必ず習得しなければならない奏法

なのです!!

 

 

 

理解できたら、すぐに実践しましょう!

これを習得する事で、あなたは

上級者への一歩踏み出せます!!

 

 

これからのドラムを楽しむためにも

ぜひお試しください!!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!