良い音を出したいならこれを知らないと損!! ※ドラムセッティングの全て

 

 

こんにちは!たかです!

  

 

突然ですが、

あなたはドラムのセッティングは

正しくできてると言えますか??

 

 

 

「なぜか今日は叩きにくいな...」

 

あの上手い人は良い音してるのに

同じような音が出せない...

 

 

 

と、思う事ありますよね?

 

 

それは大体セッティング

問題がある事が多いです!

 

 

 

今回のこの記事を読むことで

あなたの音は豊かにしっかり鳴ります

憧れの人の音にも一歩近づく事ができます!

 

 

 

逆に、ちゃんとした

セッティングを知らなければ

いつまでたってもいい音は出ませんし

上達のスピードも遥かに遅くなります

 

 

 

今日は、意外と疎かにしがち

ドラムのセッティングについて教えたいと思います!

 

 

 

STEP① バスドラ、スネアの位置を決める

 

 

まず、バスドラですが

ペダルがバスドラにしっかりと

装着されている事を確認しましょう!

 

 

あと、椅子に座った時に膝の角度が

90°くらいになればOKです!

 

 

次にスネアです。

スネアは、椅子に座った状態で

自然に構えた時に打面の真ん中

スティックがくるように調整します。

 

 

高さは、自分の腰ぐらいの高さで大丈夫です。

人によってはもう少し高かったり、

逆に低かったりもしますが

まず最初は自分の腰の高さで大丈夫です。

 

 

 

STEP②ハイハットの位置を決める

 

これ間違えてはいけないんですが

絶対にイスは動かさないで下さい!!

バスドラとスネアの時点で

イスの場所は決まっているので

H.Hを動かすようにしましょう!

 

 

H.Hもスネアと同じ感じで

構えた時に打面の真ん中

スティックがくるような場所に

置いてください!

 

H.Hを開ける時の感覚ですが

大体親指1本分くらい空いていたら

大丈夫です!

 

 

STEP③タムの位置を決める

 

ハイタム、ロータムは

バスドラに接しないように注意してください!

バスドラに接してしまうと

本来の響きが出なくいい音が出ません!

 

 

そこを一番注意してください。

あとは傾きなど自分のやりやすいように

配置を決めてください!

 

 

2タムの場合は左右傾き具合を

揃えてあげるとタム回しなどする時

叩きやすいですよ!

 

 

STEP④シンバルの位置を決める

 

 

まず、クラッシュシンバルですが

タムよりも上にスティックが届く範囲で

調整してください。

 

 

遠すぎたりすると

豪快に空振る可能性

ありますので注意してください。

 

 

ライドシンバルですが

・ワンタムの場合はロータムの位置に、

・ツータムの場合はフロアタムの少し上に、

置くと良いでしょう!

 

 

この時、フロアタムとライドシンバルが

近すぎるとフロアタムに手が当たって

傷める可能性もまぁ無くはないので

一応注意しましょう!

 

 

ここまでセッティングできたら

早速叩いてみましょう!

もし違和感が生じるようなら

色々工夫してみてください!

 

 

スタジオに入るならすぐに実践してください。

まずは自分が叩きやすいセッティングを

見つけることが何より大事です。

 

 

「シンバルを高くした方が叩きやすい」

「タムは水平に置いた方がかっこいい」

 

 

もしかしたらこう思う事もあると思います。

何より、僕が書いたのは目安なので

自分に合うセッティングを研究して

見つけ出してください!

 

 

そして良い音が出るセッティングを

覚えることで、あなたは

さらにドラムが楽しくなって

上達すること間違いなし!!

 

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました!