あなたのドラム、音硬いしうるさくないですか??

 

 

こんにちは!たかです!

 

 

突然ですが、練習中などに

ドラムうるさい!

とか言われたことないですか?

 

 

僕は初心者の頃ありました。

でも最初なんて音を鳴らすのに必死で

改善方法なんてわかりませんでした。

 

 

これ、何ができていないかというと

腕の脱力ができていないんです。

 

 

力いっぱいにドラムを叩くと

音は硬いし、耳障りな音しか出なくて

結果、うるさいと言われてしまいます。

 

 

しかも、力いっぱい叩くことで

腕や方の筋肉に疲労が溜まっていき

最悪の場合腱鞘炎になってしまうかも。。

 

 

「うるさい!!」とは言われるし

筋肉は疲れていくし、、、

 

 

そうはなりたくないですよね??

 

 

そのためにも脱力が必要不可欠になっていきます!

 

 

ただ、脱力といっても

スティックを持つ筋力や

ドラムを響かせるための

最低限の筋力は必要です。

 

 

じゃあどのくらい脱力したらいいの・・・?

 

 

そう思いますよね?

そんな疑問もたった4つのステップで解決します!

 

 

①腕を振り上げる

②腕の力を一瞬で抜いてスティックを下に落とす

③スティックが打面に当たる

④スティックを止めるために軽く握る

 

たったこれだけです。

 

これが脱力できている

ストロークですが

初心者で出来ている人は少ないです。

 

 

なぜかというと

ドラムは力任せでも音が鳴るからです。

 

 

楽器でまず始めることは

音を鳴らすこと

ですが、ドラムに関しては

スティックが打面に当たってしまえば

音が鳴りますよね?

 

 

音がなってしまえば次に

・手足を早く動かす方法

・カッコいいフィルイン

などを求めてしまい

 

肝心な""に関して

疎かになってしまいます。

 

 

この人のドラム心地いいな

聴いてて気持ちいいな

と、思うドラマーさんはいませんか?

 

 

その人は完全に

脱力が出来ている証拠です!

 

 

あなたも他の人より

数倍も良い音を

出したいとは思いませんか??

 

 

ドラムには様々な奏法や

テクニックがありますが

一番簡単で、一番差がつきやすいのは

間違いなく脱力が出来ているかどうかです!!

 

 

誰が聴いても良い音。

そんな音を出せるようになりたいですよね?

 

 

では、その感覚を身につける練習を

今からお教えしたいと思います!

 

 

感覚なのですぐには身につかないですが

続けていればしっかりマスターできるので

めげずに続けて練習してみてください!

 

 

さっそく手順を書いていきます!

 

 

立った状態で腕の力を抜いてだらんとしてください。

 

その状態で片手を挙げてください。

挙手するような感じです!

この時は力が入っていて大丈夫です。

 

その状態から一気に力を抜いてください。

すると、腕が落ちていくと思います。

この感覚が脱力の感覚です。

 

 

注意点としては

・力を抜いた時自分で加速させない

・自分でブレーキをかけない

・成り行きに任せる

 

 

感覚掴めてきたと思ったら

次はスティックを持って

パッドでも同じことをしてみましょう!

 

 

この感覚でドラムを叩くと

絶対に良い音が出せるように鳴ります!

 

 

力まず、無駄な力をそぎ落とす。

この感覚でドラムを叩いてみてください。

 

 

そうすると、あなたの音は

今までより何倍も良い音になって

響き渡るはずです!

 

 

毎日続けて練習しましょう!!

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました!!