T,D,U,F この4つのストロークについて、あなたはしっかり理解できていますか?

 

 

こんにちは!たかです!!

 

突然ですが、あなたは

ストロークの基本、タップ(T)ダウン(D)アップ(U)フル(F)」

この言葉を聞いて、ピンときますか??

 

 

ピンとこないならこの記事を

絶対に最後まで読んでください

 

 

この基本ストロークを知らないのなら

あなたの演奏は何の面白みもありません

 

 

演奏での大事なことの一つに

"強弱がしっかりついている"

というのがあります。

 

 

この記事を読んでいるあなたも

強弱については意識したことが

あると思います。

 

 

しかし、このストロークを知らないと

極端な強弱しかつけられず

"自然な強弱がつけれていない"のです。

 

 

急にうるさくなったり、

極端に音が小さくなったりすると

聴いてる人も気持ち良くありません。

 

 

僕も昔は強弱が極端で

「うるさっ」

と言われた事が何回かあります...。

 

 

その極端な強弱を

滑らかにするのが

この4つのストロークになります!

 

 

自然で滑らかな強弱が

つけれるようになると、

聴いてる人も気持ち良いと

感じるはずです!

 

 

気持ちの良い音を出すためにも

是非マスターしてください!!

 

 

それでは詳しく解説していきます!!

 

 

 

① T  タップストローク

 

タップストロークとは、

弱く叩くストロークのことです。

 

打面の少し上の位置からスティックを落とし

打面を触れるように叩きます。

 

強弱をつける上で

一番大事なのはこのタップストロークです。

 

強く叩くには限界があるので

いかにタップストロークで弱くして

強く叩く方と差がつけられるか

綺麗な強弱の重要な部分になります。

 

 

② D ダウンストローク

 

このストローク

強く叩くアクセントで

使うストロークです。

 

基本位置から腕を振り上げ

高い位置から腕を振り下ろし、

打面に当たった瞬間にスティックを

しっかり握ってバウンドを殺しましょう。

 

ポイントは叩き終わった後は

基本位置に戻るようにしましょう。

 

注意点ですが、強く叩くと言っても

力一杯叩くのではなくて、

高い位置から振り下ろす

ことが重要です。

 

以前の記事でも説明しましたが

余計な力は使わないようにしましょう!

 

 

③ U アップストローク

 

こちらも弱く叩く

ストロークになります。

 

こちらはダウンストロークとは逆で

基本位置からタップして手首を使い

高い位置まで持っていきます。

 

音量はタップストロークと

同じで大丈夫です。

 

結構難しく変な癖もつきやすいので

鏡などで確認しながらやりましょう!

 

 

④ F フルストローク

 

このストローク

強く叩くアクセントで

使うストロークです。

 

高い位置(ハイポジション)から

スティックを振り下ろして

打面に当たったらそのバウンドを利用し

また高い位置に戻します。

 

大きい音を出したい時や

連続したアクセントなどで使用します。

 

 

 

いかがでしたか??

これが基本のストロークです。

 

 

すべての動作が確認できたら

順番に叩いてみましょう。

 

 

F➡︎D➡︎U➡︎T

の順番だとわかりやすいです。

 

 

アクセントの重要なことは

弱いとこをどれだけ弱く叩けるかです。

 

 

速いテンポを強く叩こうとすると

どうしても手が追いつかなくなるので

弱い方をできるだけ弱くして

強い方と差をつける必要があります。

 

 

やり方がわかればすぐに実践!

行動することが大事です!

 

 

すぐにマスターできる

ことでは無いですが

 

 

これを習得すると

かなり上達できてると思うので

めげずに毎日練習してください!

 

 

あなたのドラムがより良いものに

なることは間違いなし!!

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!