これさえ練習すればあなたのフレーズは無限大!! *パラディドルについて

 

 

こんにちは!たかです!!

 

 

ある程度ドラムが

叩けるようになってきた頃

こんな悩みが出てくると思います。

 

 

フィルインのパターンが毎回同じ...

どうしても複雑なパターンが叩けない…

いいフレーズが思いつかない…

 

 

などなど。

 

 

f:id:takadrummer:20180128174344j:plain

 

 

このような悩みが実は

全て解決される方法があるんです。

それは…

 

 

パラディドル」です!!

 

 

名前は知っている人も

多いかと思われます。

 

 

「パラディドル」とは、

シングルストローク

ダブルストローク

組み合わせたものであり

 

 

パラ」がシングルストローク

交互に叩くことを指して、

ディドル」がダブルストローク

二回叩くことを意味します。

 

 

このパラディドルを習得すると

シングルじゃ叩けないフレーズも

パラディドルだと叩けますし、

 

 

スティックコントロールの練習

アクセント移動の練習など

様々な要素がこのパラディドルに

沢山詰まっているのです!!

 

 

この練習本当に意味があるのか…?

 

 

と思った事もある方も

中にはいると思いますが

めちゃくちゃ大アリなので

そんな考えは捨てましょう!!!

 

 

f:id:takadrummer:20180128174427j:plain

 

 

 

~パラディドル解説~

 

 

まずはシングルパラディドルの

4つのパターンを覚えましょう!

 

 

シングルパラディドル

>               >

R L R R    L R L L

 

 

ディレイパラディドル

    >             >

R L R L   L R L

 

 

リバースパラディドル

       >             >

R R L  L L R

 

 

インワードパラディドル

          >              >

R L L R    L R R L

 

(R=右 L=左 >=アクセント)

 

 

名称はとりあえず

覚えておきましょう!

 

 

続けて練習するのではなく

まずは1つずつ完璧にしましょう!

 

 

ゆっくりのテンポでいいので

完璧に練習すれば

もう何も考えなくても

アクセントをつけられるようになります!

 

 

焦らずしっかり練習してくださいね!

 

 

 

f:id:takadrummer:20180128174814j:plain

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

パラディドル

シングルとダブルを混ぜた

パターンなので、繊細な

スティックコントロール

必要になってきます!

 

 

これができると、

綺麗な整った粒の音

出せるようになります!

 

 

それだけでなく

フィルインやパターンが

かなり拡がります!!

 

 

これだけメリットがありますから

やらない理由が無いですね!

 

 

パッドがあればどこでもできるので

今すぐ練習しちゃいましょう!!

 

 

今すぐできない人でも

 

 

「パラディドルの練習をする」

 

 

とメモに書いておいて下さい!

 

 

毎日スティックを触る事が

とっても大事ですので

めげずに練習続けてくださいね!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!